hanashino

2017年9月15日

紙片の音楽集

未分類

広島県は尾道市のとある路地の奥にひっそりと佇む 紙片 という本と音楽のお店があります。
僕らが大好きなお店です。

その紙片が企画したコンピレーションCDにお誘いいただき、白黒ミドリはうれしくうれしく1曲参加しました。
収録曲についてお話ししたいこともあるのですが、それはまた別のお話……

・音楽
19組の音楽家が参加しています。
好きな音がいっぱい入ってます。

AOKI,hayato
いろんなためいき
岩本象一
木太聡
小瀬村晶
佐立努
白黒ミドリ
瀬戸信行
田辺玄
寺尾紗穂
天体
トウヤマタケオ
西森千明
HideyukiHashimoto
hofli-津田貴司-
MujikaEasel
森ゆに
yatchi
Repair

この19組の音楽家による音楽が入った2枚のCDと
池田彩乃さんによる100編の詩の中からどれか10編が
箱の中におさまっているようです。

・箱に関わった人たちについてすこし

この箱の絵は杉本さなえさん
https://www.sanaesugimoto.com

箱の製作は竹内紙器
http://www.takeuchishiki.co.jp

冊子などのデザインmunaさん
https://muna-favori.jimdo.com

美しいものに包まれて白黒ミドリの演奏はいささか緊張しているようにも聞こえます。

 

・販売について

2017年9月16日より発売しております。
当面は尾道の紙片でのみで販売となります。

そののち
各参加アーティストと
福岡県門司港 muna
東京都高円寺 えほんやるすばんばんするかいしゃ
にて販売予定です。

通販や上記以外の店舗に流通の予定はいまのところありません。

 

白黒ミドリとしてはコンサートなどでみなさんにお会いする予定が当面ありません。
このコンピレーションを聴きたい人はお気軽に連絡ください。歩いてお届けします。

info : shirokuromidori@gmail.com

価格は3,000円(税込)

でも、ほんとうは尾道まで行ったついでに買ってもらえると一番うれしいです。
大阪から車だと3時間くらい。電車は鈍行で4時間くらいです。思ったより近いでしょ。シュッ
http://trokkisk.wixsite.com/teraokakeisuke/blank

 

 

最後にすべてのことを発案し、とりまとめた紙片の寺岡さんに深い敬服と感謝を。

お店もコンピレーションも作ってくれてありがとう。

 

instagram @shihen_onomichi
https://www.instagram.com/shihen_onomichi/

https://twitter.com/shihen_onomichi

 

 

2014年5月3日

ジュウサンカゲツブリヤッテサ

未分類

「ブログ」に投稿しなかった理由として バタバタしていて、、 というには13ヶ月間は長すぎますね。存在を忘れていた。というわけではないのですが、他に色々と便利なものがあって、そっちはどうも没頭しやすいツクリになっていたり、リアクションが分かりやすかったりするので、ついつい 、、と言ったとこです笑

お久しぶりです。

この13ヶ月で16回ライブをさせてもらえたのは僕らにとって良いペースでした。三重のカリー河に行かせてもらった以外は近郊だったので、今年度は新しい曲を作りながら、行った事がない土地でも演奏させてもらえる機会をたぐってみます。

次のライブは、ちょっとしょっぱい名前のついた町にあるとても良いロケーションの洋風なやかたのお庭でおめでたいハレの日に演奏させていただきます。これは嬉しくて光栄なこと。

 

その次。
6/1(sun)に京都水族館のおとなりさんGallery traceにて白黒ミドリはライブをします。
一柳綾乃と福井悠平という絵とピアノのデュオと2組でゆったり演奏します。
透明みたいな草の絵を夕日がさす中観ることが出来て、薄い布に染料で描いていると色が滲むので少し描いては滲むのを待ってまた描いては待ってとしないとダメなので描くのにすごく時間がかかったの〜 と綾乃さんがおっしゃった時に、あ、なんかどっかのバンドみたいやなぁ と。
その 感じ をseepというイベントの名前にしました。まぁ羊も好きやし。
当日はtrace全体に音が染みわたるような音作りをします。演奏もそうなるようにがんばります!

この日はおうち食堂さんにおいしいケータリングをしてもらえる事になって、とても楽しみにしています。

快適に観ていただけるように残念ながら定員を設けましたので是非お早めのご予約を。

 

2014/6/1(sun) ”seep”
七条大宮水族館よこ Gallery trace
Open 18:30 start 19:00
予約¥2000 当日¥2500 要1オーダー
ご予約はこちら
info@trace-kyoto.com

 

Gallery trace

http://trace-kyoto.com/

綾乃さんweb

http://ayanoichiyanagi.web.fc2.com/

おうち食堂

http://ouchisyokudo.blogspot.jp/

 

 

 

 

いま、water water camelの分室2を聴いています。いやぁこれはいいですね。ドキドキが止まりませんです。
なんと月夜と少年で「分室2」と「話の続きを」と一緒に買ってくれた方が何名かいたようです。嬉しいです。恐縮です。
分室2はあと一枚という噂ですが「話の続きを」はまだまだあります!

http://mumble-mumble.com/tsukiyo/

甲田 徹

2013年3月31日

春と嵐の修羅

未分類

昨日はネガポジでライブの帰り、地下鉄四条駅で阪急に乗り換えようとしたら、

見た事あるような人がエスカレーターを下ってきました

「あ、阪急ですか〜?」「いま阪急止まってますよ〜?」「僕JRで帰ります〜?」

と、電車にくわしいイツキライカさんのリリースパーティーがあります。

 

4/27          京都磔磔    イツキライカ 「ピンホール透過光」 リリースパーティー

http://itsukiraika.com/

http://www.youtube.com/watch?v=HcgkQL7IClM

ちなみに甲田はこのリリースパーティーという晴れ舞台で、イツキライカバンドでも演奏します。

Chainsも参加決定!

 

 

翌日の4/28には、白黒ミドリのメンバー全員がファン、いや、

京都人全員がファンだと思われるラップロックンロールバンド ムーズムズ と、

初顔合わせなのですが、最近めっきり仲良くなった(と一方的に思っている)

南大阪の精霊 ばきりノす と

 

3バンドでの楽しい楽しいライブがあります!

会場は木屋町アバンギルド!

これは必見ですねぇ。良いイベントになります。

http://moozmz.com/

http://www.bakirinosu.net/

 

 

そして翌月には四条烏丸にある元明倫小学校、

京都芸術センターで開かれる展覧会

re:framing ー 表情の空間

に参加される仙石彬人さんのパフォーマンスと一緒に演奏します!

5/12 京都芸術センター フリースペースにて

http://www.kac.or.jp/

http://akitosengoku.blogspot.jp/

http://vimeo.com/62918800

 

また詳細は後日!

 

ではお体に気をつけて。

 

2013年1月29日

え?平成何年? 

未分類

昭和なら88年です。

 

1月14日のライブは、とても落ち着いて演奏出来ていいライブだった。

 

共演のあやとりは、ゆるよわ笑

桜井まみさんは、ふわつよ笑

 

この日も嬉しい事にたくさんの方に観に来ていただきました。

アンコール?

そう、もちろんそんな事考えてなくて、なかなかやる曲が決まらなかったのが、かっこわるかった。

ありがとう。

 

次のライブは2月10日に難波ArtYardで開催されるイベントBlueFilm vol.2です。

 

え〜、しかしあっという間に予約が定員に達してしまいました。

うれしい悲鳴とはこういう時に使うのか

キャンセル待ちは受け付ております。

 

詳細はこちらでどうぞ。

http://403ccr.org/bluefilm/index.html

 

 

初めての場所が楽しみです。

 

 

 

 

 

2012年12月25日

water と water と CDと

未分類

あと一週間で2013年になります。

 

 

2012年も色んな事がありました。

 

2月5日にCDに入る曲を録り終えました。

 

2月10日のwater faiの企画したHeartcore partyを観に行った時に、ふとしたきっかけで

water faiと白黒ミドリの共同企画でWレコ発@UrBANGUILDの計画が始まりました。

 

三月にはCDのミックスとマスタリングをし、タイトルが「話の続きを」に決まり、
五月にはwassaさんの絵も出来上がりました。

 

5月26日にIrotto+と一緒に初の鳥取遠征へも行きました。

 

ついに6月10日、初の企画イベントwater faiとのWレコ発、
この日から会場でCDを発売開始しました。

楽しかった!

 

7月21日には不思議な縁で、本町は立売堀にあった月夜と少年で樽木栄一郎さんとツーマンを。
今はもうあそこに月夜と少年は無いのですが、2人は色んな形で活動を続けています。

 

9月28日には加納美樹さんの初めての企画に出演。
この日だけの白黒ミドリ四人バージョン。

イツキライカこと、スーパーノアのボーカル井戸が参加。

 

レコ発からすっかり日が経ってしまいましたが
11月7日にCD「話の続きを」の全国発売が開始されました。

 

今年最後のライブは11月18日にwater water camel のリリースツアー大阪編に
たゆたうと共に、シークレットオープニングアクトとして参加させていただきました。
、、緊張した。。

 

 

改めて感じましたが、誘ってくれた人達、観てくれた人達にほんとに感謝します。
今年はほんとに色んな人に名前を知ってもらえました。

 

来年は自ら動き出そうと色々計画中です。

 

次のライブは久しぶりの木屋町UrBANGUILDにて1月14日成人の日にあります。
出演は、桜井まみ、あやとり

 

 

2月10日には難波ArtYartdという所で初めてライブさせていただきます。
汐見心さんと藤崎健太郎くんのBlue filmという企画の二回目です。
出演:汐見心/上坂拓海/猪子匠/ふじたゆかり/あいろみりか

 

 

ご予約はこちらまでお願いします。
shirokuromidori@gmail.com

 

 

発売中の「話の続きを」ですが現在買えるお店は

 

エジプトレコード(布施)
ART ROCK NO.1(京都)
JET SET KYOTO (京都)
hugany(福島県須賀川市)

タワーレコード、ディスクユニオンなど

 

 

ネット販売は

月夜と少年

http://mumble-mumble.com/shop_tsukiyo/

 

sunrain records

http://www.sunrain-records.com/catalog-3919.html

amazon 等

となっています。

2012年11月26日

こっそり

未分類

こんばんわ。ベースの甲田です。

18日に実はこっそりライブをしていました。

 

仲の良い人達にも隠していたのですが、

僕らの大好きなバンドwater water camelのリリースツアー大阪編に、

出演しました。

 

こんなに嬉しい事はなくて、三人で

「この日はキャメルのライブやから空けとこ」

と、七月から言ってたくらいで。

 

ひとつ前の則直の投稿にもあるように、

たゆたうと白黒ミドリの出演は内緒だったのですが、

言いたくて言いたくて、隠しておくのが大変でした。

この人にはバレてるかも、、と思う人にも

「楽しみだよね〜、アハハ〜」とか白々しく言ってました。

 

当日。

出店のみなさんも、キャメルのメンバーとサポートのお二人も、

月夜と少年の二人も、カージーさんも、たゆたうも、音響の岩谷さんも

朝早いのにみんなとても爽やかでいい人ばかりで、なごやかにテキパキと準備はすすみました。

 

そう、森夕貴さんには、白黒ミドリ色クッキーも作っていただきました!すごい!

めっちゃおいしかった。

二月四日可否さんからは、白黒ミドリお菓子を作っていただけるという約束もいただき、

「おんなのこがわらう時」のイラストを描かれてる西淑さんのドーナツも、

キャメルを初めて大阪に呼んでくれたアールカフェの藤井さんの珈琲も本番直前にいただきおいしかった。

 

 

 

 

 

16時に「あと5分です」

と吉田さんに言われて、控え室と会場を隔てるドアの前で

数分の沈黙。。

登場する時の歩き方とか、楽器の持ち方とか考えてしまいながら、

ちょっとドア開けてのぞいたら、100人くらい人が三角座りしていて

すぐ締めて、三人とも怖くてドアを開けられなくなりました。。

初めてライブ前に握手したりして笑

 

 

出た瞬間の100人以上の人の期待感と、僕らを観て、あれっと思う困惑顔と、

コソコソ話と、すこしの笑い声と、、、なかなかの空気のはりつめ具合。

数曲演奏してからの「water water camelを観に来たみなさん、白黒ミドリです。」

と言った時の、ざわめきと共にある会場全体の安堵感は、パッと照明がついたような

中崎町ホールの気温がいきなり3度くらいあがったような、体感できた空気の変化でした。

いい体験しました。ありがとう。

 

 

お待ちかねのwater water camelの時間。

本当にあたたかい音楽がさっきまで同じ部屋にいた人から鳴っていました。

それがすこし不思議で、同時に深く納得できるような。

良かった。

 

隠れてたので観れなかった、たゆたうプラスキャメルのサポートで来ていた森ゆにさんの

3人での演奏もすごく観たかったなぁ。。

打ち上げで玄さんと僕の身長と体重がまったく一緒だったのと

斎藤さんにちょっと酔ってるね。と言われたのと

須藤さんとベース機材トークしたのが、自慢です。

 

 

つらつらと書いた文章を読んでいただきありがとうございました。

しかし本当にいい一日でした。

写真も少し載せよう。

 

 

次のライブは来年1/14に木屋町UrBANGUILDです。

 

 

 

 

 

2012年11月26日

内緒

未分類

11月18日
僕たちは大阪中崎町ホールにて開かれた、
WATER WATER CAMEL 4th album
[おんなのこがわらう時] Release Tour
《casa -もうひとつの家-》
で演奏させてもらいました。

 

 

当日僕たちが演奏を始めるまで秘密はしっかりと守られ、
WATER WATER CAMELが出てくるかとおもったら
知らない人たちが出てきて演奏を始めるという
シークレットオープニングアクトとしてのライブでした。

 

 

 

打ち明けるまでの3曲の演奏は、実際のそれ以上に長く感じられ、
探り合う緊張感に満ちた空気。
演奏する方も、聴く方も集中力MAXという非常にスリリングな空間となり、
企画の月夜と少年 吉田さんの仕掛けたどっきりサプライズに、
僕たちもまんまとひっかかってしまったのでした。

 

 

 

生で聴くキャメルの歌は格別で、
いちファンとしてもすごく楽しかった一日となりました。

 

 

 

 

則直

2012年11月8日

2012.11.7

未分類

「話の続きを」が本日発売となりました。

今日この日本のどこかで知らない誰かに買ってもらえたりしたのでしょうか。

 

ありがたい。

 

 

置いていただいている店舗情報の追加です。

 

前回のリストに加えまして、

 

ArtRock No.1(京都)

hugany(福島県須賀川市)

にて、CDを置いていただいています。

ありがとうございます。

 

 

フライヤーも出来ました。

こちらもぼちぼち配っています。

2012年11月2日

話は続く。

未分類

water faiとダブルレコ発ライブというのを6月10日に木屋町UrBANGUILDで
企画したのですが、それからちょうど150日後にCDが発売となります。
あと五日。

 

今まではライブ会場でのみ販売してましたが、やっと全国の色んな所で
お求めいただけるようになりました。
こういう時期は揃えてから一斉にやるものらしいのですが、
いかんせん自主でやっているとわからない事だらけでした。
しかしなんとか2012年11月7日に店頭にCDが並びそうです。

 

本当にたくさん人の助けがあって、想いに助けられ、何とかCD出せました。

 

エンジニアの林皇志さん。たくさんのややこしい頼みにも対応してもらい、
なにより普段から白黒ミドリを聴いてくれているのがすごい嬉しかった。

 

コントラバスを弾いてくれた前田洋二君は見事な演奏で
「グラス」に広がりを加えてくれました。

 

ムーズムズからフェンダーローズを弾きに来てくれたやっちは、
合わせるのが困難なわがままアンサンブルに見事に馴染み
「水槽」に深みを出してくれました。

 

wassaさんはずっと聴きながら描いてくれて、ほんとにいいジャケットに
なりました。その後もレコ発でライブ中に絵を描いてもらったり、色んな場所で
個展される時にCDをかけていただいたり、フライヤー用に似顔絵も

描いてもらいました。

 

月夜と少年の吉田夫妻には、いい場所でのいいイベントに誘って

いただき、僕らにはもったいないと思うようなコメントから

もうすぐ出来るフライヤーのデザインまでしていただき甘えっぱなしです。

 

アナログ感あふれるホームページを作ってくれたodegoこと大出豪くん。
一見適当に見えるけど実は凝ったホームページになっています。

 

CDのレイアウトやレコ発のフライヤーのデザインなどしてくれた荒木康代さん
昔から僕らの急で無茶なお願いの扱いに今ではすっかり手慣れて

クールにまとめてくれます。

 

mono-kuroこと、やっちは、バンド初期からのおつきあいで、
古くはイベントに誘ってくれたのがはじまりでしたが、最近では
ライブの撮影をしてくれています。

 

一緒にレコ発をしたwater fai は奇をてらわずとも独自の響きを持っているバンドで
「uni 8」は、すっかり僕の愛聴版となっています。

 

スーパーノアのボーカルとして有名ですが、最近はイツキライカとしても活動する
井戸健人くん。白黒ミドリの名付け親でもあり、九月のライブでは

ギターを弾いてもらいました。これからも一緒に何か出来たらと思ういい仲間です。

 

こういう不特定多数の人に見られるところでつらつら感謝を述べるのも
なんだか不自然な気がしたんですが、助けてくれたみなさんが、
何かに新しいつながりになればと思い書かせていただきました。

 

以前は白黒ミドリがライブ出来るだけですごいと言われていたのですが、
(そのあたりの詳細は先代ベーシストの岩橋くん(珍寺部)のグッドブログでどうぞ)

http://ffccfcc.blog100.fc2.com/blog-entry-232.html

なんとかCD屋さんで扱ってもらえたり、Amazon等で買えるようになりました!

 

時間はかかったけど、内容も音もデザインも
細かい所まで妥協せずに、全部自分達の好きなように作れました。

 

販売に関して、くわしくは「話の続きを」のページに書きましたが
七日当日から確実に店頭に置いていただけるのは、今のところ
タワーレコード渋谷店
タワーレコード京都店
タワーレコード池袋店
タワーレコード福岡店
タワーレコード神戸店
タワーレコード梅田大阪マルビル店
タワーレコード札幌ピヴォ店
タワーレコード新宿店
タワーレコード難波店
タワーレコード梅田NU茶屋町店
タワーレコード秋葉原店
タワーレコードあべのHoop店
エジプトレコード(大阪、布施)
ディスクユニオン(東京)
です。

 

また店舗に行かなくてCDが買える便利な時代が到来しているようで、
僕らのCDも例にもれず、ネット通販が可能です。

オススメは月夜と少年とsunrain recordsです。

その他に直接の通販も可能です。
銀行振込を確認後にの郵送となるのでお時間かかってしまうかも知れませんが、
おまけも用意します。

 

長々とした文章を読んでもらいありがとうございました。

 

 

良かったら、「話の続きを」聴いてください。

 

ながら でなく、
ゆっくりスピーカーの前で目をつむっていつもより少し大きな音で
聴いてください。そこには何か新しい発見があるはずだと思います。

 

 

白黒ミドリ

2012年10月17日

次回に期待

未分類

もうちょっとしたらば、

割と

長文のブログ書きます

 

 

 

 

宣言した。

 

 

 

 

 

 

 

最近は自分に対して驚く事が多くておもしろいんだけど、

それで少し不安になるときもある

 

 

2012年8月28日

9/1 アバンギルド

未分類

今週土曜日アバンギルドでライブしま〜す。

白黒ミドリ
あいろみりか
NejaMPika
サウナパーティー

開場18:30
開演19:00

前売2000円1ドリンク代込
当日2300円

http://shirokuromidori.com/

http://airomirika.blogspot.jp/

http://nejumpika.jugem.jp/

http://saunaparty.zombie.jp/saunaparty/from_Kyoto.html

 

 

 

2012年7月10日

9julmon

未分類

Facebookページのアドレスをアルファベットに変更してみました。

日本語も良かったのですが、上手くリンク出来ない時などあるかなと心配性が顔を出しました。

http://www.facebook.com/shirokuromidori

 

先日、月夜と少年にトウヤマタケオさんと徳澤青弦さんの音楽会を観に行って来ました。

ピアノとチェロは僕個人の見解ですが、弾く人によって特に音が変わる楽器という印象があります。

もちろん木琴でもリコーダーでもラチェットでも演奏する人によって音は変わります。

それはそれは粗野な楽器として名を馳せるエレクトリックベースでも、

ほんのすこし音が変わったりもします。時々。

言い方を変えればピアノとチェロは特に懐が深く、なので場合によっては危険な楽器です。

流石という言葉もおこがましいほど、お二方のねいろは、それはそれは理想的で、

芳醇な空気を纏った音符が楽器から出ては月夜と少年を飛び越えて、

アラビアの砂漠や北極や1920年代のアメリカや肥後橋まで飛んで行ってました。

先にトウヤマさん、つぎに青弦さん、それからのお二人の合奏だったのですが、

トウヤマさんのモーダルな、たくさんの扉があって色んな部屋に繋がっていて迷いそうな、だけど安心する音と、

青弦さんの対位法的にすこしづつ天井が高くなっていって、気を抜けば自分の体の大きさを誤解してしまいそうな音が、

見事に調和していました。

 

ただ調和するという事。

他に何も無くただ調和するという事を自分が本当に求めているのだと気づいたのです。

 

二時間以上はあったと思いますが、久しぶりに時間の感覚がスッ飛ばされました。

 

そんな月夜と少年で行われる次の音楽会は樽木栄一郎さんと白黒ミドリでお届けします。

7月21日は、月齢1.9 でほぼ新月です。

お楽しみに。

moonboy1

 

« 古い記事